障害者雇用について

皆さんは障害者雇用について、どの程度の理解がありますか?

おそらく、ほとんどの人があまり知らないと思われます。そこで、今回は障害者雇用についてまとめましたので、紹介します。

障害者雇用とは

自治体や企業は「障害者雇用枠」という採用枠を設けるように法律で定められています。

これは一般的に、障害のある人が就職する際、障害のない人と同様の条件だと不利になってしまう場合があります。障害があってもはたらく機会を得て、さらに職業生活を通じて自立した生活を送れるようにするための制度です。

対象者は、障害者手帳を持っている人となる為、身の回りに障害者がいない場合は、あまり普段考えないと思われます。

しかし、障害者にはうつ病などの気分障害や統合失調症、発達障害などで苦しんでいる人も対象となります。

今は健康でも、事故やストレスなど、いつ自分が障害者になるとは限りません。今できることとして、障害者について理解を深めることが大切です。

下記サイトは、主にうつ病について詳しく紹介されていますので、良かったら参考にしてみて下さい。

うつになったことがない人のためのブログ

それでは、企業に求められる障害者雇用枠とは具体的にどのような制度なのでしょうか。

障害者雇用枠の利用

厚生労働省は、障害者等が希望や能力、適性を十分に活かし、障害の特性等に応じて活躍することが普通の社会、障害者と共に働くことが当たり前の社会を目指し、障害者雇用対策を進めています。

障害者だから諦める必要は全くありません。むしろ、障害者であることを強みに変え、自分の目指す将来像を見据え、希望の企業へ就職活動をしてみるのもありかと思います。

なぜなら、企業には一定数の障害者を雇用する義務があります。具体的に、労働者の2.2%に相当する障害者を雇用することが企業には義務付けられています。これに違反すると、納付金を支払う必要があるため、障害者を雇用します。つまり、あなたにもチャンスがあるのです。

また、障害者本人に対しては、職業訓練や職業紹介、職場適応援助等の職業リハビリテーションを実施し、それぞれの障害特性に応じたきめ細かな支援がなされるよう配慮されています。

一般雇用枠と障害者雇用枠の違い

最大の違いは、職場において必要な配慮がされることです。

症状や障害の度合いによって、働きにくい部分がどうしてもでてくるかもしれません。一般雇用枠だと、そういった配慮など関係なしに仕事を進めなくていけません。もちろん、企業側に配慮する義務はありますが、全ての企業が配慮してくれるとは限りません。

そうしたことを加味すると、障害者雇用枠で入社するほうが、将来的に良い方向に向かうと思われます。

是非、障害者雇用枠を活用してみましょう。

ペリセン「体験就職」を活用する

 もちろん、障害者であることをクローズにして、一般雇用枠で働くのもひとつの考え方です。

しかし、果たして一般の人と同じように働けるだろうか、社内の雰囲気も業務内容もよく分からないこともありますよね。

 そこで弊社では、求職者と企業との間に発生するミスマッチを限りなくゼロに近づけるために、「ペリセン」体験就職サービスを提供したいと考えております。

 「ペリセン」体験就職とは、求職者と企業との間で体験的に雇用関係を結べる環境を提供し、その実体験を基に、ミスマッチの原因を未然に防ぐ効果があります。

 ペリセンについて、詳細を知りたい方は、下記を参照してみてください。

【ペリセン】体験就職・体験転職支援サイト

 人生100年時代とも呼ばれる現代において、誰もが平等に安心して働け環境を提供したい、将来を見据えた努力をする機会を提供したい。インターンシップでは分かり得ない企業の実態を魅せたい。雇用契約を体験的に締結し、実際に働いて給料を受け取れる仕組みを提供したい。企業にとって、長く働いてくれる若者を発見する機会を提供したい、まだ何色にも染まっていない若者のパワーを提供したい、自社の良いところ悪いことろ全て魅せる機会を提供したい。

 誰しもが経験することになる就職活動。そんな活動の助力になりたいと考えております。弊社のサービスを体験してみたい方の登録をお待ちしております。

 最期まで読んで頂き、ありがとうございました。