ミスマッチを防止するには

 企業と求職者の間で起こる「ミスマッチ」。そもそもミスマッチとはどんな意味なのか、なぜミスマッチが起こってしまうのか、どうすればミスマッチを防止できるのか。それぞれ見ていきましょう。

ミスマッチの意味


 ネットで検索してみると、「釣り合わないこと。また、釣り合わないものどうしを意図的に組み合わせること。」と記載されています。

 採用活動におけるミスマッチとは、企業が求めていることと、求職者が求めていることにギャップがあることを意味します。このギャップが大きいと、求人に応募が集まらなくなったり、早期離職のリスクが高まります。

 ミスマッチについて、下記サイトで詳しく記載されているので、参考にしてみてください。

ミスマッチを防ぐ方法│3800人に調査した定着率が高い採用手法

 それでは、なぜミスマッチが起こるのか、具体的に見ていきましょう。

どのようなミスマッチが発生するのか

 採用時におけるミスマッチとして、時系列でまとめると、下記のようなことが考えられます。

1.求人内容と求職者との間で希望条件が合わず、採用に至らない

 いざ人を雇おうとして求人を出したにも関わらず、なかなかアプローチが来ないのもミスマッチと言えますね。企業が求めている人物像と、求職者が求めている企業像とで差異があるために起こり得ます。

2.早期離職率の増加

 入社させることができたが、思っていた企業と違う、思っていた仕事と違う、賃金や休暇取得率に不満がある、人間関係に馴染めないなど、実際に働いてもらうと様々なミスマッチが発生することがあります。結果、せっかく雇った人材も早期に辞めてしまいます。

3.キャリア形成していくうちに、人と企業との間にギャップが生まれる

 勤務し続けるうちに、人も企業も成長していきます。成長する過程において、環境の変化、考え方の変化、仕事の進め方の相違、将来像に対するギャップなど、様々な問題が生じていきます。軌道修正できれば良いのですが、上手くいかず、結果として育ててきた大切な戦力を失うこともあり得ます。

 様々な段階で、企業と人との間に生まれるミスマッチ。ミスマッチが起こることで、どのような問題が発生するのでしょうか。

ミスマッチが起こるとどうなるのか

 ミスマッチが増加していくと、企業にとってどのような影響があるのでしょうか。

1.採用コストの増加

 企業規模や人材にもよりますが、人を1人雇うためには50万円前後の費用が掛かります。募集をしてすぐに集まれば良いのですが、中々集まらない場合には更に、求人広告の出稿費用、採用パンフレットやチラシなどの印刷費、会社説明会の開催費用など、費用は増加していきます。

 また、雇った人材が早期に辞めてしまった場合、最初からやり直しとなるため、コストが2倍、3倍とあっという間に増加していきます。

2.社内への悪影響

 実際に同じ職場で働いていたメンバーが辞めていく場合、周囲の人間にとってモチベーションの低下に繋がります。また、採用や育成に係った社員にとっても悪影響を及ぼし、さらに退職が続けば、自分が働く職場に疑問を持つ人が増え、連鎖退職に繋がる恐れもあります。

3.新しい人材が育たず、周囲の負担が増加

 事業を行ううえで、必要な能力、スキル、戦力となる人材が育たず、経営状態も悪くなっていきます。また、抜けた穴を埋めるために周囲の負担が増えて、退職に繋がるリスクも高まります。最悪の場合、事業運営が困難となり、廃業に追い込まれる可能性も増加します。

 ミスマッチが起こるとどのような問題が起きるのかふまえたうえで、なぜミスマッチが起こるのかを考えてみましょう。

ミスマッチの原因

 ミスマッチが起こる原因として、下記のようなことが考えられます。

1.企業側の情報提供不足

 企業は、優秀な人材を他よりも早く確保したいために、自社の良いところばかりを伝えがちになります。新卒採用の場合、社会経験もほとんどないため、求職者は企業の良いところばかりに目が行きがちです。その結果、実際に働いてみると、ギャップが生まれ、早期に離職しやすくなります。

2.求職者側の情報収集不足

 求職者は、就職活動時に企業の情報を集め、自己の理想になるべく近い企業を探しています。しかし、情報収集方法が不適当だったり、自己の理想を企業に押し付けたり、実際に働いた時にどんな風になるのかイメージが出来ず、間違った情報を鵜呑みにして、入社する場合もあります。

3.採用時に、求職者の適正を把握できない

 これは、企業にとって永遠の課題ともいえますが、自社が求めている人材を如何に見極めるか、採用試験での課題ともいえますね。しかし、どれだけ優れた人事採用担当、社内ノウハウがあったとしても、お互いが人間である限り、その見極めには限界があります。また、限られた時間の中で行われる採用活動では、尚更限界があります。

4.アフターフォロー不足

 入社するまでは問題なく雇用契約を締結できたが、入社した後にどのようにフォローしていくのかも大切です。せっかくの良い人材も、社内育成の方法が不十分だったり、社内の雰囲気、人間関係などが合わないなど、入社してみて初めて分かることもたくさんあります。改善するのがなかなか難しい問題ですが、何もしないままだと、辞めていく人材がでてくるのも事実です。

 それでは、ミスマッチを防止すために、どうすればいいのでしょうか。

ペリセン「体験就職」を活用する

 弊社では、求職者と企業との間に発生するミスマッチを限りなくゼロに近づけるために、「ペリセン」体験就職サービスを提供したいと考えております。

 「ペリセン」体験就職とは、求職者と企業との間で体験的に雇用関係を結べる環境を提供し、その実体験を基に、ミスマッチの原因を未然に防ぐ効果があります。

 ペリセンについて、詳細を知りたい方は、下記を参照してみてください。

【ペリセン】体験就職・体験転職支援サイト

 人生100年時代とも呼ばれる現代において、未来ある若いうちに、将来を見据えた努力をする機会を提供したい。インターンシップでは分かり得ない企業の実態を魅せたい。雇用契約を体験的に締結し、実際に働いて給料を受け取れる仕組みを提供したい。企業にとって、長く働いてくれる若者を発見する機会を提供したい、まだ何色にも染まっていない若者のパワーを提供したい、自社の良いところ悪いことろ全て魅せる機会を提供したい。

 誰しもが経験することになる就職活動。各企業様において大事な採用活動。そんな活動の助力になりたいと考えております。弊社のサービスに協賛して頂ける企業様の登録を、お待ちしております。

 最期まで読んで頂き、ありがとうございました。