成人年齢が20歳から18歳に引き下げ

 「民法の一部を改正する法律」により、2022年4月1日から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。つまり、2022年4月1日の時点で18才以上20才未満の人(2002年4月2日生まれから2004年4月1日生まれまでの人)は、その日に成人となります。また2004年4月2日生まれ以降の人は18才の誕生日に成人となります。つまり、高校3年生は卒業年度に全員が成人となります。

 18歳で成人となることにより、一体どのような影響があるのでしょうか。詳しく知りたい方は、下記の法務省Q&Aを参照してみて下さい。

民法(成年年齢関係)改正 Q&A

成人してできること、できないこと

 一番大きな変化といえば、「親の同意なしで、自分の意思で様々な契約ができるようになる」というこです。

 携帯電話の契約、1人暮らしの賃貸借契約、クレジットカードの作成など、従来は親の同意が必要だった様々な契約を、自分のみで行うことができるようになります。新成人にとっては初めてでどうしていいか分からないことも多いかもしれませんが、ちゃんと理解した上で契約することが大切ですね。

 また、18歳で成人となっても、できないこともあります。

 飲酒、タバコ、ギャンブルなどはこれまで通り、20歳からとなっています。その他にも、刑事責任は少年として、普通養子縁組が認められる年齢、国民年金への加入なども従来通り20歳からとなっています。成人したからといっても、大人とまったく同じという訳ではないようですね。

成人式はどうなるのか

 2022年4月1日から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることによって、2023年には20歳、19歳、18歳の方がまとめて成人を迎えることになります。ここでひとつの疑問として、成人式はどのように開催されることになるのでしょうか。

 現状で成人式の開催に関する法律の決まりはないため、成人式の開催については各自治体の判断で実施されることとなります。現在分かっているのは、多くの自治体で、1月の成人の日前後に20歳の方を対象に実施すると発表しています。つまり、18歳、19歳、20歳の同時開催ではなく、従来通りの20歳を対象にしたものがほとんどを占めています。

 ただし、自治体によって変わるため、気になる方は自分が住んでいる場所の自治体に問い合わせするのが無難かもしれませんね。

成人後の進路について

 高校を卒業すると同時に「大人」の仲間入りをする18歳の若者達。2018年3月の高校卒業者のデータを見てみると、約71%が大学や専門学校への進学、約18%が就職を選んでいるようです。

 ほとんどの人が将来何をしたいか悩み、考え、それぞれの道に進んでいる訳ですが、社会経験がほとんどない高校生にとって、将来何がしたいか明確に決めることのできる人はどれだけいるのでしょうか。また、この悩みは高校生だけではなく、専門学校や大学に進学した学生にとっても、抱えている悩みと言えます。

 突然ですが、筆者の私も学生時代に将来何がしたいか考えましたが、結論が出ないまま、時間だけが刻々と過ぎ、とりあえず安定を求めて就職したに至ります。きっと、同じような学生はたくさんいることと思います。こんな悩みを解決するために、若者はネット、SNS、情報誌、インターンシップ、アルバイトなど、様々な方法で情報を集めますが、中々決まらないことのほうが多いです。

 それでは、こんな悩みを解決するためには、どうすればいいのでしょうか。

ペリセン「体験就職」を活用してみる

 筆者が学生時代に欲しかったサービス、将来何がしたいか分からない人のためになるサービス、そんなサービスを若者と企業に提供する為、ペリセン「体験就職」サービスを提供する為に、企業からの「求人」を募集しています。

 人生100年時代とも呼ばれる現代において、未来ある学生のうちに、将来を見据えた努力をする機会を提供したい。インターンシップでは分かり得ない企業の実態を魅せたい。雇用契約を体験的に締結し、実際に働いて給料を受け取れる仕組みを提供したい。企業にとって、長く働いてくれる若者を発見する機会を提供したい、まだ何色にも染まっていない若者のパワーを提供したい、自社の良いところ悪いことろ全て魅せる機会を提供したい。

 共感して頂ける企業様、是非ペリセンを活用してみては如何でしょうか。ペリセンについて、詳しく知りたい方は、こちらのサイトを参照してみて下さい。

【ペリセン】体験就職・体験転職支援サイト

最期まで読んで頂き、ありがとうございました。