体験就職「ペリセン」とは

若者が離職する原因

 就活生・企業共に多大な労力・資金・時間を掛けたにも関わらず、新入社員の離職率は年々増加しているデータがあります。

 理由としては、「仕事が自分に合わない」「将来性がない」「労働条件・賃金条件が合わない」「人間関係が合わない」等、実際に労働して初めて気付くことが多くなっています。

 これらは、就活時に会社の情報をほとんど入手できなかった場合に起こることが考えられています。

 つまり、若者と企業との間でミスマッチが起こっているのです。

ミスマッチの防止

ミスマッチを限りなくゼロにする方法として、体験就職「ペリセン」を弊社では提案いたします。

 若者と企業との間で体験的に雇用関係を結べる環境を提供し、その実体験を基に、将来的に働きたい企業または雇いたい人材かが直感的にも論理的にも分かるシステムとなっています。

 人材紹介事業は一般的に、「一般紹介・登録型」「サーチ型」「アウトプレースメント型」の3つの形態に分類されています。

 ペリセンは、これらの形態とは違う「第4の型」として「体験型」をメインにした今後の人材紹介業界の主流となり得る新しいマッチングシステムです。

 キーワード 「五感を用いて体験する」

       ⇩英訳

「Experience using the five senses」

       ⇩略して

    perisen【ペリセン】

求職者のメリット

・企業のことがより具体的に分かる

 ネットや会社説明会などの資料により、基本的なことは何でも分かる時代です。

 しかし、社内の雰囲気、どんな人がいるか、どんな仕事をするか等、間接的に調べるだけでは決して分かり得ない内部情報を実感できます。


・自己適正の分析

 将来何がしたいか分からない、自分に合った職業がわからない等、やってみないと分からないことはたくさんあります。

 仮に、どこか適当な企業へ就職した場合、思っていた会社と違う、仕事が自分に合わないと感じても、中々転職するのには勇気と労力と時間が掛かります。

 そこで、就職する前に様々な業種・業務・場所で体験することで、自己に適したより良い企業に出会える可能性が上がります。

・様々な企業を知ることができる

 日本には約421万社の企業が存在しています。

 求職者は限られた時間の中で、それらの企業の中から、自分に合った企業を見つけなければなりません。

 より間近で企業のことを体験することで、知る機会を増やし、将来の選択肢が増えていきます。

求職者のデメリット

・時間、労力、お金が掛かる

 ペリセン「体験就職」は、ある程度の時間を掛けて実際に働く為、時間と労力が掛かってしまいます。

 また、給料は支給されますが、体験就職先が県外や遠い場所の場合、宿泊や交通費も掛かってしまいます。

 宿泊費や交通費については、企業によっては補助してくれる場合もあります。

企業のメリット

・人材のことがより具体的に分かる

 採用活動では分かり得ない能力・適正・人柄等を、より正確に観察・分析等できます。

 試用採用の為、正社員に比べ、費やす労力・資金・時間も抑えることができ、より優秀な人材を見つけることが可能となります。

・離職率の減少

 ミスマッチが防止されることで、離職率が減少します。

 離職する人が減少すると、心理的及び経営リソース的マイナス・採用に掛かった労力・資金・時間・企業イメージの悪化等、様々な悪影響が減少します。

・コスト削減

 自社で一から採用活動を行うとなると、企業の規模によっても変わりますが、1人採用するのに50万円~100万円程度の費用が掛かります。

 弊社のシステムを利用すれば、掛かるのは体験時の賃金と弊社への報酬のみとなり、コストを抑えることが可能となります。

企業のデメリット

・体験就職生のサポートが必要

 受け入れた体験就職生を本採用するかどうか判断するまで、新入社員同様に、教育や指導、サポートをする必要があります。

 しかし、採用活動に掛かる労力に比べると、比較的少ない労力で済みます。

・本採用まで中々決まらない

 体験就職生を受け入れたものの、本採用まで至らずに体験が終了することもあるかと思います。

 しかし、本採用に至らなかった人材は、遠くない段階で離職する可能性が高いと予想されます。

 また、自社に自信があり、魅力もあり、体験就職生に良いアピールが可能ならば、ぐっと本採用の可能性が高まります。

終わりに

 企業と人材のミスマッチを防止し、Win-Winの関係を築けるシステムを弊社では提供しております。 

 是非、興味を持たれた企業並びに若者は、この機会に本サイトに登録し、素敵な将来を描いてみませんか。

 最後まで読んで頂き、大変ありがとうございました。ご登録は、下記リンクより可能です。