就活を始める学生へ

学生時代

 勉強をたくさんして、良い学校に入学する。学校でたくさん勉強して、良い企業に入る。

 そんな言葉を皆様一度は聞いたことがある、または言われたことがあるかと思う。

 学生生活も終わりに近づき、周囲の友達が就職活動を始めている。

 そろそろ自分も始めないといけないなと思い立ち、学校に来ている求人を見ながら、ふと思ったことがある。

 子供の頃の「将来の夢」ってなんだったっけ?

理不尽

 そんなことを思いつつ、再び求人に目を通すが、どこの企業も魅力を感じない。

 そもそも、こんな紙1枚ではどんな企業かもさっぱり分からない。

 将来何がしたいかも分からない、ブラック企業だったらどうしよう、どんな企業がどんなことをしているのだろうか。

 全く何も分からないのに、一生を左右するようなことを決める必要があるなんて、とても理不尽だ。

人生100年時代

 人生100年時代と呼ばれる現在、100年のうち社会経験も乏しい学生の間に、最適な職場を見つけることは非常に困難であると思います。

 是非、皆様には、自分が求める会社が見つかるまで、ペリセンを通していろいろな企業を体験して欲しいと思います。

 最後まで読んで頂きありがとうございました。

 私が学生の頃欲しかったサービスを、今の求職者の方達に提供できるように、これからも日々活動してまいります。